ぐるりと廻る

登場人物

折笠おりかさ掬弥きくみ

万屋の女店主。割とお金にがめつい。うどん派。

最上もがみ怜乃介れいのすけ

掬弥の相棒の青年。かっこ付けては後悔する事もしばしば。そば派。

琥太郎こたろう

万屋の用心棒をしている青年。お化けや幽霊の類が大の苦手。

秋月あきづき時雨しぐれ

仮面を付けている青年。とても口数が少ない。

綾部あやべ文乃ふみの

貸本屋の娘。非常に人見知りの性格。怪力。

桜庭さくらばもみじ

三つ編みをしている銀髪の少女。獲物は薙刀。

きょう

椛と共に行動する侍。穏やかな性格。

みかどれん

トラブルを引き起こす赤髪の青年。ある一件以降琥太郎を好敵手とみなす。

喜助きすけ

関西組。天下の台所・大坂の出身。

東雲しののめ藤乃ふじの

関西組。都出身。毒舌。

凪梧なぎひろ

いつも眠たそうにしている少年。

檜巌ひがん

豪快な男性。

伊賀崎いがのさき朔夜さくや

オッドアイが特徴の青年。